タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOP覚え書き影舞 → This Page

Windows で 影舞 を使おう
全体設定とプロジェクト作成

前提

このページに記載している使い方は 0.8.4 のバージョンでの使い方です。
バージョンが異なると、使い方も変わっている部分があるかもしれませんがご了承下さい。

全体の設定

「〜/kagemai/html/guest.cgi」にアクセスすると以下のような画面になると思います。
「管理」リンクをクリックしましょう。
図:メイン画面

「影舞の管理」画面になったら「全体の設定の変更」リンクをクリックします。
図:影舞の管理画面

「全体の設定」画面になったらそれぞれの項目を設定します。
図:全体の設定画面

いくつかの項目を以下で説明します。
項目名内容
home_url画面左上の「ホーム」リンクをクリックした時の遷移先 URL
base_url投稿などでメールが来る際にこの URL がベースになります
(http://localhost:80/kagemai/htmlなどに設定)
smtp_serverメールの SMTP サーバ(メール送信サーバ)
enable_mssqltrue にすると SQL Server でデータを管理します(SQL Server が必要)
mssql_dsnSQL Server 接続用のデータソース名(SQL Server を使う場合)
mssql_userSQL Server に接続する際のユーザ名
mssql_passSQL Server に接続する際のパスワード

画面下の「設定を変更」ボタンを押すと設定完了です。

プロジェクトの作成

画面上の「管理」をクリックして「影舞の管理」に遷移し、「プロジェクトの作成」リンクをクリックします。
図:影舞の管理画面

「プロジェクトの作成の設定」画面になったらそれぞれの項目を設定します。
図:プロジェクトの作成画面

いくつかの項目を以下で説明します。
項目名内容
IDプロジェクトの ID
同じ ID のプロジェクトを複数作成することは出来ません
半角英数字で入力します
名前プロジェクトの名前(日本語可)
管理者アドレス管理者のメールアドレス
保存形式全体の設定で enable_mssql を true にすると Kagemai::MSSQLStore
が追加されます
SQL Server でデータを管理する場合は Kagemai::MSSQLStore を選択します
テンプレートプロジェクト作成直後の各入力項目のテンプレートです
(BTS が良いでしょう)
トップページチェックを付けた項目がプロジェクトのトップページに表示されます

「プロジェクトの作成」ボタンを押すと設定内容と結果が表示されます。
図:プロジェクトの作成終了画面


TOP覚え書き影舞 → This Page
Valid CSS!