タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOPOracle → This Page

アラート・ファイル、トレース・ファイル

概要

Oracle によって出力される以下のファイルについて解説します。
・アラート・ファイル
・バックグラウンド・トレース・ファイル
・ユーザ・トレース・ファイル

アラート・ファイル

以下の情報が記録されるファイル。
・データベースの起動、停止日時
・すべてのデフォルト値以外の初期化パラメータ
・バックグラウンド・プロセスの起動
・ログ順序番号
・ログ・スイッチ情報
・表領域の作成
・ALTER文の発行
・エラー・メッセージ情報

基本的にインスタンスに問題が発生した場合はこのファイルを見てみよう。

ファイルは増大し続けるため、定期的に移動・削除する必要がある。
インスタンス起動中にファイルを移動・削除しても自動で生成されため問題はない。

出力先

Oracle 9i, 10g

BACKGROUND_DUMP_DEST 初期化パラメータで指定されたディレクトリ
BACKGROUND_DUMP_DEST 初期化パラメータを指定していない場合はデフォルトのディレクトリに出力される。

デフォルト出力先ディレクトリWindows[ORACLE_BASE]\admin\[db_name]\bdump
Unix[ORACLE_HOME]/rdbms/log
ファイル名Windows[SID]alert.log
Unixalert_[SID].log

出力先は SYSOPE、または SYSDBA 権限で SQL*Plus に接続し、
SHOW PARAMETER BACKGROUND_DUMP_DEST
で確認可能
(例)
SQL> conn system/xxxxx@XXXXX
SQL> SHOW PARAMETER BACKGROUND_DUMP_DEST

NAME                   TYPE        VALUE
---------------------- ----------- ------------------------------------------
background_dump_dest   string      D:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ADMIN\xxxxx\BDUMP

Oracle 11g

DIAGNOSTIC_DEST 初期化パラメータで指定されたディレクトリ配下
従来(9i, 10g)のテキストファイルとは別に XML 形式で出力される。

XMLデフォルト出力先ディレクトリ[DIAGNOSTIC_DEST]/diag/rdbms/[db_name]/[SID]/alert/
ファイル名log.xml
テキストデフォルト出力先ディレクトリ[DIAGNOSTIC_DEST]/diag/rdbms/[db_name]/[SID]/trace/
ファイル名Windows[SID]alert.log
Unixalert_[SID].log
DIAGNOSTIC_DESTのデフォルトは
・ORACLE_BASE が設定されている場合
 DIAGNOSTIC_DEST=ORACLE_BASE
・ORACLE_BASE が設定されていない場合
 DIAGNOSTIC_DEST=ORACLE_HOME/log
となる

バックグラウンド・トレース・ファイル

バックグラウンド・プロセスで発生したエラーが記録されるファイル。

ファイルは増大し続けるため、定期的に移動・削除する必要がある。

出力先

Oracle 9i, 10g

BACKGROUND_DUMP_DEST 初期化パラメータで指定されたディレクトリ
BACKGROUND_DUMP_DEST 初期化パラメータを指定していない場合はデフォルトのディレクトリに出力される。

デフォルト出力先ディレクトリWindows[ORACLE_BASE]\admin\[db_name]\bdump
Unix[ORACLE_HOME]/rdbms/log
ファイル名Windows[SID]プロセス名.trc
Unix[SID]_プロセス名_[PID].trc

出力先は SYSOPE、または SYSDBA 権限で SQL*Plus に接続し、
SHOW PARAMETER BACKGROUND_DUMP_DEST
で確認可能

Oracle 11g

DIAGNOSTIC_DEST 初期化パラメータで指定されたディレクトリ配下
[DIAGNOSTIC_DEST]/diag/rdbms/[db_name]/[SID]/trace/

デフォルト出力先ディレクトリ[ORACLE_BASE]/diag/rdbms/[db_name]/[SID]/trace/
ファイル名Windows[SID]プロセス名.trc
Unix[SID]_プロセス名_[PID].trc
DIAGNOSTIC_DESTのデフォルトは
・ORACLE_BASE が設定されている場合
 DIAGNOSTIC_DEST=ORACLE_BASE
・ORACLE_BASE が設定されていない場合
 DIAGNOSTIC_DEST=ORACLE_HOME/log
となる

ユーザ・トレース・ファイル

サーバー・プロセスからエラー情報とSQLの統計情報が出力されるファイル

SQL_TRACE 初期化パラメータで TRUE を指定した場合のみ出力される。
ファイルは増大し続けるため、定期的に移動・削除する必要がある。

出力先

Oracle 9i, 10g

USER_DUMP_DEST 初期化パラメータで指定されたディレクトリ
USER_DUMP_DEST 初期化パラメータを指定していない場合はデフォルトのディレクトリに出力される。

デフォルト出力先ディレクトリWindows%ORACLE_BASE%\admin\[db_name]\udump
Unix$ORACLE_HOME/rdbms/log
ファイル名Windows[SID]_ora_[PID].trc
UnixORA[PID].trc

出力先は SYSOPE、または SYSDBA 権限で SQL*Plus に接続し、
SHOW PARAMETER USER_DUMP_DEST
で確認可能
(例)
SQL> conn system/xxxxx@XXXXX
SQL> SHOW PARAMETER USER_DUMP_DEST

NAME                   TYPE        VALUE
---------------------- ----------- ------------------------------------------
background_dump_dest   string      D:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ADMIN\xxxxx\UDUMP

Oracle 11g

DIAGNOSTIC_DEST 初期化パラメータで指定されたディレクトリ配下
[DIAGNOSTIC_DEST]/diag/rdbms/[db_name]/[SID]/trace/

デフォルト出力先ディレクトリ[ORACLE_BASE]/diag/rdbms/[db_name]/[SID]/trace/
ファイル名Windows[SID]_ora_[PID].trc
UnixORA[PID].trc
DIAGNOSTIC_DESTのデフォルトは
・ORACLE_BASE が設定されている場合
 DIAGNOSTIC_DEST=ORACLE_BASE
・ORACLE_BASE が設定されていない場合
 DIAGNOSTIC_DEST=ORACLE_HOME/log
となる

更新履歴

2010/03/14 新規作成


TOPOracle → This Page
Valid CSS!