タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOP.NETWindowsForm → This Page

.NET プログラミングのコーナー
クラス関連 > コントロール関連 > テキストボックス


概要


テキストボックスの使い方サンプルです。


サンプルイメージ


サンプル画像


サンプルソース(一部抜粋)

C#

// 複数行・1行の切り替え
TextBox1.Multiline = true;
TextBox1.Multiline = false;

// [tab]キーを押すとフォーカスが移る/タブ文字を追加する
TextBox1.AcceptsTab = false;
TextBox1.AcceptsTab = true;

// テキストの外枠(3D, 線, なし)
TextBox1.BorderStyle = BorderStyle.Fixed3D;
TextBox1.BorderStyle = BorderStyle.FixedSingle;
TextBox1.BorderStyle = BorderStyle.None;

// 入力文字の自動変換(入力文字をそのまま受付, 小文字に変換, 大文字に変換)
TextBox1.CharacterCasing = CharacterCasing.Normal;
TextBox1.CharacterCasing = CharacterCasing.Lower;
TextBox1.CharacterCasing = CharacterCasing.Upper;

// フォーカスを失った際の強調表示(強調表示を消す/強調表示を残す)
TextBox1.HideSelection = true;
TextBox1.HideSelection = false;

// 入力可能最大文字数(無制限, 100, 10)
TextBox1.MaxLength = 0;
TextBox1.MaxLength = 100;
TextBox1.MaxLength = 10;

// 読み取り専用(OFF/ON)
TextBox1.ReadOnly = false;
TextBox1.ReadOnly = true;

// スクロールバーの表示(なし, 横のみ, 縦のみ, 両方)
// (注意) TextBox1.WordWrap = true の場合は横スクロールバーは表示されません
TextBox1.ScrollBars = ScrollBars.None;
TextBox1.ScrollBars = ScrollBars.Horizontal;
TextBox1.ScrollBars = ScrollBars.Vertical;
TextBox1.ScrollBars = ScrollBars.Both;

// パスワードマスク(OFF/ON)
TextBox1.PasswordChar = '\0';
TextBox1.PasswordChar = '*';

// 2〜4文字目までを選択
if (TextBox1.TextLength < 4)
{
	MessageBox.Show("テキストの文字の長さが足りません!");
	return;
}
TextBox1.SelectionStart = 1;   // (注意)1文字目の位置はゼロです;
TextBox1.SelectionLength = 3;
TextBox1.Focus();	// TextBox1.HideSelection = false; ならこの行は不要


// 選択文字列をコピー
TextBox1.Copy();

// 選択文字列を切り取り
TextBox1.Cut();

// 元に戻す
// 変更されている場合&UNDO可能な場合のみ元に戻す
if (TextBox1.Modified == true)
{
	if (TextBox1.CanUndo == true)
	{
		TextBox1.Undo();
		TextBox1.ClearUndo();
	}
}

// 2行目の文字列のみ取得
if (TextBox1.Multiline == true && TextBox1.Lines.Length >= 2)
{
	MessageBox.Show(TextBox1.Lines[1].ToString());   // (注意)1行目は TextBox1.Lines(0) です
}
else
{
	MessageBox.Show("取得できませんでした");
}

// 選択行まで自動スクロール
TextBox1.ScrollToCaret();


--------------------------------------------------------------------------------
VB.NET


'複数行・1行の切り替え
TextBox1.Multiline = True
TextBox1.Multiline = False

'[tab]キーを押すとフォーカスが移る/タブ文字を追加する
TextBox1.AcceptsTab = False
TextBox1.AcceptsTab = True

'テキストの外枠(3D, 線, なし)
TextBox1.BorderStyle = BorderStyle.Fixed3D
TextBox1.BorderStyle = BorderStyle.FixedSingle
TextBox1.BorderStyle = BorderStyle.None

'入力文字の自動変換(入力文字をそのまま受付, 小文字に変換, 大文字に変換)
TextBox1.CharacterCasing = CharacterCasing.Normal
TextBox1.CharacterCasing = CharacterCasing.Lower
TextBox1.CharacterCasing = CharacterCasing.Upper

'フォーカスを失った際の強調表示(強調表示を消す/強調表示を残す)
TextBox1.HideSelection = True
TextBox1.HideSelection = False

'入力可能最大文字数(無制限, 100, 10)
TextBox1.MaxLength = 0
TextBox1.MaxLength = 100
TextBox1.MaxLength = 10

'読み取り専用(OFF/ON)
TextBox1.ReadOnly = False
TextBox1.ReadOnly = True

'スクロールバーの表示(なし, 横のみ, 縦のみ, 両方)
'(注意) TextBox1.WordWrap = True の場合は横スクロールバーは表示されません
TextBox1.ScrollBars = ScrollBars.None
TextBox1.ScrollBars = ScrollBars.Horizontal
TextBox1.ScrollBars = ScrollBars.Vertical
TextBox1.ScrollBars = ScrollBars.Both

'パスワードマスク(OFF/ON)
TextBox1.PasswordChar = ""
TextBox1.PasswordChar = "*"

'2〜4文字目までを選択
If TextBox1.TextLength < 4 Then
    MsgBox("テキストの文字の長さが足りません!", MsgBoxStyle.Critical)
    Exit Sub
End If
TextBox1.SelectionStart = 1   '(注意)1文字目の位置はゼロです
TextBox1.SelectionLength = 3
TextBox1.Focus()    'TextBox1.HideSelection = False ならこの行は不要

'選択文字列をコピー
TextBox1.Copy()

'選択文字列を切り取り
TextBox1.Cut()

'元に戻す
'変更されている場合&UNDO可能な場合のみ元に戻す
If TextBox1.Modified = True Then
    If TextBox1.CanUndo = True Then
        TextBox1.Undo()
        TextBox1.ClearUndo()
    End If
End If

'2行目の文字列のみ取得
If TextBox1.Multiline = True And TextBox1.Lines.Length >= 2 Then
    MsgBox(TextBox1.Lines(1))    '(注意)1行目は TextBox1.Lines(0) です
Else
    MsgBox("取得できませんでした")
End If

'選択行まで自動スクロール
TextBox1.ScrollToCaret()

サンプルソースのダウンロード


ソースのダウンロード


TOP.NETWindowsForm → This Page
Valid CSS!