タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOP.NETClass → This Page

.NET プログラミングのコーナー
クラス関連 > 一般関連 > Stringクラス


概要


Stringクラスの使い方サンプルです。

サンプルイメージ


サンプル画像


サンプルソース(一部抜粋)

C#

string str = TextBox1.Text;

//文字列の長さ
MessageBox.Show(str.Length.ToString());

//"A"が何文字目にあるか
int idx = str.IndexOf("A");

//頭に"B"を追加
TextBox1.Text = str.Insert(0, "B");

//10文字まで先頭ゼロ埋め
TextBox1.Text = str.PadLeft(10, '0');

//10文字まで後ろゼロ埋め
TextBox1.Text = str.PadRight(10, '0');

//1文字目を削除
TextBox1.Text = str.Remove(0, 1);

//"A"を"B"に変換
TextBox1.Text = str.Replace("A", "B");

//小文字に変換
TextBox1.Text = str.ToLower();

//大文字に変換
TextBox1.Text = str.ToUpper();

//前後の空白を削除
TextBox1.Text = str.Trim();

//3文字目から7文字目までを取得
MessageBox.Show(str.Substring(2, 5));


--------------------------------------------------------------------------------
VB.NET

Dim str As String = TextBox1.Text

'文字列の長さ
MsgBox(str.Length.ToString())

'"A"が何文字目にあるか
Dim idx As Integer = str.IndexOf("A")

'頭に"B"を追加
TextBox1.Text = str.Insert(0, "B")

'10文字まで先頭ゼロ埋め
TextBox1.Text = str.PadLeft(10, "0")

'10文字まで後ろゼロ埋め
TextBox1.Text = str.PadRight(10, "0")

'1文字目を削除
TextBox1.Text = str.Remove(0, 1)

'"A"を"B"に変換
TextBox1.Text = str.Replace("A", "B")

'小文字に変換
TextBox1.Text = str.ToLower()

'大文字に変換
TextBox1.Text = str.ToUpper()

'前後の空白を削除
TextBox1.Text = str.Trim()

'3文字目から7文字目までを取得
MsgBox(str.Substring(2, 5))

サンプルソースのダウンロード


ソースのダウンロード


TOP.NETClass → This Page
Valid CSS!